人生最大の失敗から成長!

この冬、私はサッカー人生で最大の失敗をしました。その日は、7年ぶりに県大会でベスト4をかけて戦っていました。前半は0-2で負けていました。相手は、去年ベスト4に入った高校でした。うちのチームは7年ぶりにベスト4を目指して戦っていて、目に見えない緊張感があったのか、動きが鈍く、まったく動けませんでした。
後半、コーチ陣からの激励を受けて、みんなの集中力が研ぎ澄まされました。
後半は攻撃に集中することができ、2点を取り返すことができました。2点目が決まったのは、後半の残り5分。ようやく手に入れた得点で、とても嬉しかったです。
そして最後のチャンスがやってきて、PKを獲得しました。
絶対に決めてやろうと思い、漫画のようにこんなことが起こるのかと驚きと緊張の中で戦いました。
静寂の中でボールを蹴りましたが、キーパーに弾かれてしまいゴールはできませんでした。とても悲しくて、精神状態がボロボロになってしまいました。
それ以来、毎日のようにPKの練習をして、今日はカップ戦の準決勝でPKを獲得しました。今度こそは絶対に決めてやろうと思って、練習の成果をすべて出し切ったので、ゴールを決めたときは本当に嬉しかったです。
だから、最大の失敗から少し成長できたような気がしました。