介護・福祉業界で働くということは

とても大変な仕事だと思います。現在はパートタイムでもできる仕事と言われていますが、高齢化社会が進み、高齢者が増えている今、人手不足になるのは当然です。また、高齢者は子供に戻ると言われているので、子供より不利だと思う。介護・福祉業界は資格がないと難しいと思う。
資格を持っている人でも大変なのに、資格もなく経験もないのでは長続きしないと思います。自分に合った仕事はたくさんありますが、介護・福祉業界で働くと、夜は人のために働くので、一日中忙しくなりそうです。私は介護の仕事をしたことがありませんが、よくわかります。
ただ、福祉の仕事は主に知的障がい者の方が多い気がします。どちらの仕事もストレスがたまると思います。介護は生半可な気持ちではできない仕事です。
今、介護・福祉業界で慢性的な人手不足が続いている理由がよくわかりました。仕事が大変なのと、少子高齢化で高齢者が増えすぎたからだと思います。子どもの数は増えないのに、高齢者の数は増えているから人手不足になるのだと思います。人手不足を回避するためには、パートタイム労働者を増やすことが一番だと思います。飲み屋でアルバイトを増やして、一から教えるというのもとても良い方法だと思います。
介護の仕事はとても大変な仕事なので、人が足りないと思います。時給を少し上げて、人手不足にならないようにしたほうが早いと思います。この仕事に向いている人は絶対いると思う。
人とのコミュニケーション能力がある人なら、見ていると思います。お年寄りや体の不自由な人に優しくできる人がこの仕事に向いているのではないでしょうか。
すぐに手をあげてしまう人は、この仕事に向いていません。この仕事も人と接する仕事なので、優しい人が向いていると思います。
あとは介護事務員に介護ソフトおすすめランキングサイトを参考にいろいろ考えてみてほしいものですね。