便秘解消にはみんなが知っている食物繊維が必要不可欠。

便秘には食物繊維が良いと思っている方がたくさんいると思います。
食物繊維をとってもとっても解消されない!!感じている方も多いと思います。
食べる食物繊維によっても便秘解消にならないこともあるのです。逆に便秘を招いてしまうことも・・・。
食物繊維には2種類あるんです。それぞれの特徴を調べてみました。
●水溶性食物繊維
→ゆっくりと胃の中を移動してくれ、腸の中の水分を吸収し、便の固さを調節してくれる作用があります。
 腸内の老廃物を吸収して、善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれます。
☆水溶性食物繊維が含まれる食べ物・・海藻類・きのこ類・果物類などです。
●不溶性食物繊維
→腸の中で水分を吸収・膨張し、腸を刺激して便を押し出す作用があります。
☆不溶性食物繊維が含まれる食べ物・・いも類・野菜類・豆類などです。
便秘解消にと、野菜ばかり食べているとお腹が張って苦しくなってきます。便も固くなってしまい余計便秘を悪化させてしまうことがあります。
不溶性食物繊維の取りすぎは解消されないことがあります。
反対に、水溶性食物繊維ばかりでも良くありません。
摂取の仕方としては、両方の食物繊維をバランスよくと言われています。水溶性の力も、不溶性の力も両方利用しないと排便効果はありません。
バランスよくとは、難しいですが一品だけ食べるのではなく色々なものを少しずつ食べることをお勧めします。
栄養のバランスも考えると、色々な食品を食べることが一番の近道です。
食物繊維を取っても便秘が解消されない人は、摂取の仕方をみなおしてもう一度頑張ってみてください。
きっと効果が期待できるでしょう。