債務整理したあとクレジットカードは作れる?

債務整理したあと、クレジットカードは作れるのでしょうか。
光熱費の支払いやスマホの支払いなどをクレジットカード払いにしたい、という人もいますよね。
ここでは、債務整理したあとにクレジットカードは作れるのか?について、詳しく見ていきたいと思
います。
債務整理後は原則としてクレジットカードは作れない
結論を言ってしまうと、債務整理をしたあとは原則としてクレジットカードは作れません。
債務整理のあと、少なくとも5年は作れないと思っていた方がいいでしょう。
なぜなら、債務整理をすると個人信用情報機関のリストにそのことが載ってしまうから。
いわゆる、ブラックリストですね。
クレジットカード会社は、この信用情報機関の情報を審査の1つに入れていますので、リストに
載っている間は新しくクレジットカードを作ることはできません。
クレジットカード会社の立場になってみれば、『この人は支払いができなくなるかもしれない』と思
う訳ですから、当然ですよね。
確実に支払いができそうな人でなければ、わざわざリスクのあるクレジットカードを発行しようとは
思わないでしょう。
では、具体的に債務整理をしてから何年間はクレジットカードが作れないのでしょうか。
クレジットカードの信用情報機関は、ほとんどが株式会社シーアイシー。
こちらでは、
● 自己破産:免責確定から5年
● 個人再生・任意整理:完済から5年~10年
は、ブラックリストに情報が載ることになります。
この期間を過ぎればクレジットカードも作れるようになるので、債務整理後は暫く我慢が必要です
ね。
まとめ
債務整理してもクレジットカードを作ることはできますが、債務整理から5年から10年は作ることは
できません。
ブラックリストに載っている間はクレジットカードは作れませんので、ブラックリストへの掲載期間
が延びないよう、支払いが遅れないように気をつけてくださいね。
債務整理 おすすめ