北海道でクマ注意報を運用開始!これにより被害は減らすことが出来るでしょうか!?

北海道では、ヒグマの目撃情報や人的被害が発生した場合、道民や観光客に「警報・注意報」を発令することを開始しました。
都市部で人身事故が発生した場合は「注意」、都市部で熊の目撃情報が多い場合は「警報」が発令されます。
2022年5月1日から運用を開始します。
市街地、通学路、観光施設周辺などでヒグマが殺傷された場合、「注意」が発令されます。
また、農作物への被害や人の健康被害が発生する可能性が高い場合にも「注意」が発令される。
ヒグマの出没や被害があった各市町村、札幌市各区で注意や警告が発令されます。
被害の程度によっては、隣接する複数の市町村で注意報・警報が発令されることもあります。
注意報・警報の有効期限は約1カ月です。
注意報・警報は、ヒグマによる人的被害が多発する季節に発令されます。地域や期間は必要に応じて設定されます。
よくニュースで山に山菜取りに行った人がヒグマに襲われることがあるのは知っていましたが、市街地に出てくるのは怖いですね。
よく環境が破壊されて食べるモノが無くなったから市街地に熊が出没すると言われます。
人と熊など動物との共存は永遠の課題なのかもしれません。