山菜料理は美味しいのだ

妙に腹が減ったので近くの飲食店に直行逆は俺以外におらず時間的にもお店が閉まるギリギリぐらいだったと思う。
天丼のおもりとそばを注文したが店員の様子が少しおかしい閉店前に迷惑だったかと思っていると厨房から男性が二人出てきた料理は持っておらず年配の男性の方が開口一番言ったあんた何してきたという顔をしている俺にもう一人の中年男性の方が尋ねる山で何か変な事なかったか俺は木下で聞いた声のことを最初に思い出した。
そのことを話すと二人は納得した様子で厨房に戻っていったしばらくして注文の料理+山菜の定食みたいなものが運ばれてくる不思議に思ったがペロリと完食した自分にも驚いた食事を終えたころヨボヨボの婆さんが来店