沖縄の海が濁ったらしいです

沖縄の海と言えば…どんなイメージを浮かべますか?
ありきたりですが、灼熱の太陽にどこまでも続く白い砂浜。そして、青い海じゃないですか?
私も人生の中で一度行ったことがありますが、初めて見た青い海に対して、出てきた感想が「うみ~!」だけでした。それほどまでに、美しい青色なんですよね♪
話が逸れましたが、海底噴火の影響とみられる大量の軽石が打ち上げられて、濁った可能性があるみたいです。
せっかくの青い海が黒い海になってしまったのです。
ニュースでは沖縄本島の北部沿岸となっていて、どうやら沖縄の限られた地域だけのようですので、きっとすぐに青い海に戻る事と思います。早く青い海に戻って欲しいですね。
そういえば、沖縄旅行から帰って職場で海の綺麗さを語っていましたら、隣の席の後輩が学生の頃に沖縄に合宿に行ったことあるらしく、思い出して同じ感想を語ってくれました。
でも後輩の感想は秀逸で、青い海を見た時に思った一言は「飲めそう」だったそうです。
でも、分かりますよね?あのエメラルドグリーンの色の海を、太陽光を反射してキラキラ輝いている海を…海だと認識していても飲めそうだと思ってしまう綺麗さ、美しさ。
もちろん、その後輩の一言に「分かる~!」と叫んで上司に「とりあえず落ち着け」と宥められたのはいい思い出です。