電話は怖いのだ

2階のフロアについて噂の3回でそのまま行こうかと話していた時だ急に静寂な中に電話のベルが鳴り響いた3階の方からだ。
女の子が悲鳴を上げてしまった連鎖するように動揺が広がってあ何かした絵描き降りた落ち着け落ち着けって最悪だパニックは余計な事故を起こす俺はあがろうか降りようか逡巡したがギリギリという君の悪い音は心臓に悪い走るなゆっくり降りるの保護者の気分で言ったが懐中電灯を持っている二人はすでに駆け下りてしまっている。
暗闇がすっぽりてきてゾッとしたので俺も慌てて走った広くなっている一階のロビー辺りでみんなは固まっていた俺がついた時にふっと電話は止まったもう帰ると泣いている子がいて気まずかった男達も青い顔をしているその時一番年長の先輩が口を開いた