Daily Archives: 2021年10月18日

私のおすすめするブルーレイ№2は・・・。

私のおすすめするブルーレイ№2は・・・『着信アリ』シリーズです。
角川書店の秋元康原作のホラー小説シリーズで『着信アリ』『着信アリ2』『着信アリ Final』3部作になっています。
この作品は、現代社会の必需品ともいえる携帯電話を題材に、死の予告電話がかかってきた人物が、その予告通りに死を遂げるストーリーです。
主人公はすべて女性であり、日本、台湾、韓国などが舞台になっていて、いろいろな不可解な事件が次から次に起こっていくホラーミステリーになっています。
私は、昔からこういう内容は、あまり好きではありませんが、自分の視野を広げるために観てみました。
2003年映画公開時は、あのテーマ曲(死の着信メロディー 作曲:遠藤浩二さんのBGMだそうです。)が映画本編や予告編も大変話題となりました。
観た人たちみんな、電話に出るのをためらったのを覚えています。
また、観る人によって、いろいろと意見は分かれると思いますが、携帯電話を題材にしたということもあります。
「みんながより恐怖を感じて話題になったのかな?」というのと「スマホ版」が制作されたら「どんな恐怖が待っているんだろう」と思いました。
ホラーミステリーに興味のある方は、『着信アリ』からご覧になってみては、いかがでしょうか?
コードキャンプ 主婦

高い値段の化粧品以外は美白できないと早とちりしていませんか

出来てしまったシミを、薬局などで売っている美白用コスメで取り除くのは、本当に困難だと言えます。配合されている成分を調査してみましょう。美白成分のビタミンC誘導体やハイドロキノンが入っているものが特にお勧めです。美白が期待できるコスメ製品は、諸々のメーカーが製造しています。一人ひとりの素肌に相応しい商品をある程度の期間使って初めて、そのコスメとしての実力のほどを実感することができることを知っておいてください。ストレスを溜めるようなことがあると、自律神経が異常になってホルモンバランスが崩れ、忌まわしい肌荒れが生じてしまいます。効率的にストレスを消し去ってしまう方法を探し出しましょう。溜まった汚れで毛穴が詰まってしまうと、毛穴が目立つ状態にどうしてもなってしまいます。洗顔にのぞむときは、泡立てネットを使って十分に泡立てから洗うようにしてください。「思春期が過ぎてから発生したニキビは治療が困難だ」と言われます。毎晩の肌のお手入れを的確な方法で実行することと、堅実な生活態度が必要になってきます。首は日々外に出された状態です。寒い冬に首回りをマフラーとかでカバーしない限り、首は毎日外気に晒された状態なのです。つまるところ首が乾燥しやすいということなので、幾らかでも小ジワを抑えたいのなら、保湿対策をしましょう。自分の力でシミを取るのが大変そうで嫌だと言われるなら、そこそこの負担はありますが、皮膚科に行って取ってもらう方法もあります。レーザーを利用してシミを取り去ることができるのです。背中にできてしまった面倒なニキビは、まともには見ることが不可能です。シャンプーが素肌に残ってしまい、毛穴をふさぐことが発端となり生じるのだそうです。顔にシミが発生してしまう主要な原因は紫外線だとされています。今後シミを増加させたくないと希望しているのであれば、紫外線対策を敢行しなければなりません。UV対策グッズを有効活用しましょう。入浴の際に力を入れて身体をこすって洗っていることはありませんか?ナイロンなどの化繊のタオルで強く洗い過ぎると、お肌の防護機能が破壊されるので、肌の保水能力が弱まり乾燥素肌になってしまうのです。シミが形成されると、美白ケアをして幾らかでも薄くならないものかと考えるでしょう。美白専用のコスメでスキンケアをしつつ、肌の新陳代謝がこれまでより活発になるのを促進することによって、着実に薄くすることができるはずです。見た目にも嫌な白ニキビは気付けば爪で潰して取りたくなりますが、潰すことによりそこから菌が入り込んで炎症を引き起こし、角栓の状態が悪くなることが考えられます。角栓は触らないようにしましょう。年を取るごとに乾燥肌に変わっていきます。年を重ねるにしたがって身体内の油分だったり水分が低減しますので、しわが誕生しやすくなるのは避けられませんし、素肌のハリや艶も衰えてしまうのが常です。年齢を増すごとに、肌の生まれ変わるサイクルが遅くなるのが常なので、無駄な老廃物が毛穴などに堆積しやすくなります。手軽にできるピーリングを一定間隔で実行すれば、素肌の透明感が増して毛穴のケアも行なえるのです。お風呂に入っているときに洗顔する場面におきまして、バスタブの熱いお湯をすくって洗顔をすることはやらないようにしましょう。熱すぎると、素肌に負担を掛けることになります。程よいぬるま湯を使用することをお勧めします。